人生って、いろいろ

息子に向けた日記です。成長した時読んでくれることを願って。

ANAの機内レポートになっちゃった。。。

今日から東京へ一泊の出張です。

雲が多めですが、良くなる兆しもあります。 

 f:id:guestroomarunishigaki:20180211133245j:image

 

東京へ行くときはいつも飛行機を利用しています。

私はANA派です。

 f:id:guestroomarunishigaki:20180211132528j:image

 

決してJALが嫌だという訳ではありませんが、使用しているクレジットカードがANA系なので、マイルを貯めたりするために使用しています。

 

企業イメージ的には、ブルーのロゴや機体、CAさんの制服の方が、JALのそれよりはなんとなく好みです。でも、JALのCAの制服も素敵だと思います。

 

 

それはともかく、、、、

 

 

飛行機の中で過ごす時間が2時間以上ともなると、ずっと寝てるわけにもいかない。食べたり飲んだりもすぐ済んでしまう。というわけで、最近のいろいろのブログを書くことにしました。

 

 

タイトル、何にしようかな。。。

 

 

そうそう、私って結構頻尿気味なところがあって、何もしないで椅子に座っているとなんだかしょっちゅうトイレに行きたくなります。飛行機の中でトイレに行くのって面倒でもあるし、行きたい時に空いてなかったり、何よりしょっちゅう席を立つのも気恥ずかしいし。思わず我慢して、飛行機降りたら急いでトイレに駆け込むなんてことありませんか。

 

そんな時、パソコンで仕事をしたり、映画なんかを観てると気が逸れてトイレを意識しなくていいというメリットもありますよね。

 

今日の便は正午前に搭乗するやつだったので、機内で食べようと乗る前に売店で空弁を買いました。写真にあるようなお弁当でしたが、税込¥771はそれほど高いとい値段でもなく、肉は添えてあるからしを塗ってから食べると美味しかったし、味をつけたご飯もパサパサもしてなくて、とても美味しくいただくごとができました。

f:id:guestroomarunishigaki:20180211132607j:image

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180211132617j:image

 

ANAに乗る楽しみの一つに「コンソメスープ」があります。周りを見ると結構スープを頼まれる人が多いように思いますが、シンブルながらとてもコクがあって美味しいと思います。朝ごはんが食べれなかった時でも、少しのフライトタイムだったらスープを飲むとなんだかお腹もホッとする気がします。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180213122154j:image

 ANAコンソメスープ

 

機内での無料の飲み物は、コンソメスープの他にも、アップルジュース、お茶、ホットコーヒー、水、などをサービスしてくれるので、用途や気分に合わせてお願いすることができます。有料なら、ビールやつまみ、ハイボールなども頼むことができますので、夕方から夜のフライトを利用する場合などはリラックスできていいかもですね。

 

今さっき、2回目のトイレに行ってきました。羽田着まであと30分くらいなので、もうこれでトイレの心配はしなくてもいいかなと思います。今登場している機材は、B777-200というやつですが、パンフレットを見ると最高で400名以上のお客を乗せることができるすごいおっきい機体です。イスは、両側窓よりに3席、中央に4人がけで一列に10名座れるようになってます。

 f:id:guestroomarunishigaki:20180211133031j:image

 

私の座席は16Gで中央4人がけシートの右通路側となっています。3メートルほど前方にトイレもあって便利な位置だと思います。ちなみに13列目が一番トイレに近いですが、目の前に大きな壁とTVがあるため、足元には荷物が置けない列になってますので、好きかどうかはお好みですね。トイレは十分な広さがあるタイプで、小さなお子さんと一緒に入っても十分のスペースがありますのでいいと思います。

 f:id:guestroomarunishigaki:20180211132647j:image

 

 f:id:guestroomarunishigaki:20180211132656j:image

 

ファイナルアプローチとなりました。あと20分ほどで着陸というアナウンスがありました。今日の関東周辺の天気はまあまあの様です。飛行機のお腹につけられているカメラから見える映像は雲も多くなくなかなか良さそうです。安心しました。

 

さて、前置きのつもりで飛行機の話を始めたんですが、書くうちにANA航空機の紹介の様な文章になってしまいました。なので、そのついでに、最後に飛行機の中で上空で使えるWifiの話題です。

 

最近は、JALANAも機内で利用できるネット環境整備は当たり前になってきています。私はまだ試して見たことがありませんが、いつか3時間くらいのフライト時間の旅をするときなどに利用したいなと思っています。

 

ネットは、無料のサービスと有料のサービスがあります。ANAの場合、パンフレットの写真にある様に、いくつかのジャンルの無料コンテンツが提供されていて、スマホタブレットで楽しむ場合は、唯一ANAのアプリをダウンロードしておく必要があります。無料でダウンロードできますし、座席の予約やなんかもスマホで手軽にできるのでオススメです。

 f:id:guestroomarunishigaki:20180211132819j:image

 f:id:guestroomarunishigaki:20180211132827j:image

 

 

それ以外に、パソコンなどでメールを送ったり、その他のネット利用をする場合などは有料ですが、一定時間利用可能です。支払いも、クレジットカードやPayPalを使ってできるので便利だと思います。将来実際に使うことがあればまたレポートしてみたいと思います。

 

というわけで、飛行機もだんだん高度を下げて窓の外に東京の風景も見えてきました。もうすぐ着陸です。また、お会いいたしましょう

 

 

愛車 Peugeot 308SW が1週間ぶりに戻ってきた

1月31日にエンジントラブルで近所の整備工場に預けてた、愛車 プジョー308SWがとうとう戻ってきました。

 

 とっても嬉しいです。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180209232629j:image

 

 

エンジンを始動すると、ピーっという音と共に以上を告げる警告灯が点灯していたのですが、今日はなんの異常もなくいつもの心地いい音と振動を感じることができました。

 

前にも書きましたが、私が住んでいる地域にはPeugeotのディーラーがありません。それなのに、外車を買ってしまって嫁や友人には大丈夫かーと心配されてます。

 

前から知り合いの整備工場に問い合わせをして、もしも調子が悪くなったらみてもらえますかと聞いていましたが、だいたい、専用の診断機がないから直せるかどうかわからないよという返事でした。中には、なんでここで外車買うんだよ〜みたいにいう人もいた。

 

日本車はどれも似たような感じがしたし、正直ヨーロッパの車に比べるとデザインにオシャレ感や洗練された感じを感じることができなかったから。

 

ある程度の歳になったんだし、人と同じよりは、個性的で好きな車に乗ってみたいと心底思ったので、今回はこのPeugeotにしました。

 

 

それが、まさかエンジントラブルになるなんて。。。

 

その日はショックでしたよ。残っているローンのことや、なおるのかどうかとか、船に乗せてよそまで送らなきゃいけなくなるのかな、とか。

 

預かっていただいた整備工場の社長はとても誠実で良心的な人でした。

 

「外車は普通は断ってるんだよー」

「診断機がないとどこが悪いのか特定できないからね」

「あんまり自信ないなー」

 

という言葉を聞いて、さらに暗くなりそうだったんですが、

 

社長は一言、

 

「でも、それだけ頼むんなら、一応、預かろうね。」

 

と言ってくれました。

 

ありがた〜い。社長さんの優しさが本当に嬉しかったです。

 

もし、どこも預かってくれなかったら、本当に高い金をかけて買った販売店とか遠くのディーラーに送らなきゃいけないし、治るかどうかの保証もない。

 

預ける日の朝、社長が整備工の方を連れて車を取りにきてくれました。

 

エンジンをかけるとブルブルとした変な振動といまにも止まってしまいそうな感じでしたが、なんとか自走で工場まで運転していってくれました。

 

「とりあえずあっちこっち見てみるね。」という言葉に望みを託して連絡を待ってたんです。

 

 

それで、2日ほど前仕事中に、待ちに待った電話が。

 

社長の説明では、結論から言うと、特に修理という修理が結局できなかったそうです。

 

プラグがかぶっているような感じなので、開けてみようとしたけど、どうしても開けられなかったということと、バッテリーが弱くなってたので、充電を3時間くらいして、エンジンをかけっぱなしにしていたら、いつの間にか警告灯が消灯して、エンジンの状態も良くなった、ということでした。

 

それで念のため、後1日預かって様子みて、良さそうなら一旦持って行こうね、ということになり。翌日1週間ぶりに愛車の姿を見ることができました。

 

帰ってきて2日経ちましたが、今のところ正常に動いています。

 

また、警告灯がつくようなら連絡して、とおっしゃっていただいてますが、今の所はそお心配はなさそうです。

 

来年は何れにしても車検の年なので、遠くのディーラーに送って整備してもらわなければなりません。なんとか、それまで乗れてて欲しいなと思っています。

 

 

明日は、子供のバスケの練習試合に付き合うのでそろそろ寝ようと思います。

 

次回は、今気になっている、「改正通訳案内士法」と「住宅宿泊事業法(通称民泊法)」を取りあげます。

 

では、今夜はこれを聞ききながら、おやすみなさいZzz


Rod Stewart - First Cut Is The Deepest (from One Night Only!)

 

 

 

 

Softbankの現在の契約を変更すべきか、それともこのままでいいか。

スマホの基本的な利用形態は、

 

電話での通話

インターネット利用

メール

 

ですよね。

 

通話もネットもメールも、各社なんとかプランとかいうのがあって、お得な内容をアピールしたり、各種キャンペーン、キャッシュバックなどを展開していると思います。

 

私が現在利用しているキャリアはソフトバンクですが、住んでる地域ではやはりDocomoauが主流なのかも知れません。

 

繋がりやすさもソフトバンクは市街地では問題ないけど、山間部や建物の中とかだと圏外が表示されやすいと思います。

 

それでも、もうかれこれ9年くらい使い続けています。

これまでは、つながりはともかく料金的にはあまり不満というか疑問がなかったんですが、最近クレジットカードから落とされる料金を見ているとどうも高くなっている気がする。

 

使う量が多いから料金も高いのか、それともなんだかんだと取られているのか、そんなことが気になることありますよね。

 

それで調べて見ました。(いつもは無精でそういうことあまり気にしなかったんですが、、、)

 

 

 

現在のプランは、

 

通話が「スマ放題ライト」・・・5分以内だったら通話料が無料になる。¥2,000

データ通信が「データ定額サービス ギガモンスター データ定額20GB」¥5,000

 

1ヶ月¥7,000で、ほぼ通話もネットも時間をあまり気にせずに使えるようにと選んだつもりなんだけれど、なぜか一月の請求はだいたいいつも1万2千円〜5千円になってしまう。

 

なぜなんだろうなーとMy Softbankで詳しく見てみると、

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180209230606p:plain

 

な〜んだ、機種代金が加算されてただけか。

 

試しに、機種代金などを引いた実際にかかった金額を計算してみると、

 

6,752円/月

 

なんだ、そんなにかかってないじゃないかー。

 

少し安心しました。

 

 

今使ってる端末はiPhone7plusで、発売当初に買ったので2年経つまでにあと9ヶ月あります。なので、あと9ヶ月は機種代が加算されることになります。

 

2年経ったあとは、機種代がかからなくなるのでだいぶ安くなるんだろうと思いますが、端末が壊れたり、機能が低下しないことを祈りたいですね。

 

広告を見てると、Y!mobileが安い、みたいなことが出ていたのでなんとなく興味を惹かれていますが、こうやって調べてみると、現在のプラン、というか使用状況もそれほどお金がかかっているわけでもなさそうで、少しホッとしました。

 

とりあえず、すぐに他社への乗り換えやプラン変更はしなくても良さそうですが、もっと条件のいい方法がないか、色々見てみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

英文解釈教室ノート

<前置き>

このカテゴリーは、私の英文解釈勉強ノートで、使用しているテキストは「英文解釈教室【改訂版】」(駿台予備学校講師 伊藤和夫著)です。文中に出てくる英文や説明は、前述のテキストからの抜粋であったり、自作の英文やメモなどです。

 

この学習を通じて身に付けたいと考えているのは、構文がしっかりとした英文ですし、またそのような英文を書けるようになるということは、そういう英語がしゃべれるようになることを意味しているわけで、私にとっては読む力(インプット)と同時に、話す力(アウトプット)の学習に他なりません。

 

昔からの癖で、教則本を頭から真面目に読み進めると、時に興味のない時やマンネリ化に襲われることもあるので、基本、勉強するタイミングも取り上げるテーマも不定期です。それもあって、この投稿には目次を施すことにしました。もし、興味のある読者がいらしたら、目次を参考にしていただけたらと思います。

 

あっ、そうそう。諸般の事情で時には何日間も更新されないときもあると思います。先にお断りしておきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

Chapter1  主語と動詞

 

Chapter2  目的補語

 

Chapter3  that節

 

Chapter4  what節 

 

Chapter5  倒置形

 

Chapter6  同格構文

 

Chapter7  It ... that ...

 

Chapter8  意味上の主語

 

Chapter9  関係詞

①主格の関係詞

9.1.1

I know no statesman in the world who with greater right than I can say that he is the representative of his people.

青字は先行詞、赤字は主格とそれを受ける動詞。下線は覚えたい表現

 

9.1.2

The modern American schools provide the young of all classes with the common background that in an old, rural society is provided by tradition, by the daily life in each community.

 

9.1.3

People regard the multiplication table as characteristics of all education -- something which once learned stays with you through life.

 

the multiplication table  掛け算九九表

 

9.1.4

Quite a number of my best friends are people who, when I knew them only by sight or repute, filled me with positive loathing.

Chapter10  修飾語の位置⑴

 

Chapter11  修飾語の位置⑵

 

Chapter12  比較の一般動詞

 

Chapter13  比較の特殊問題

 

Chapter14  共通関係

 

Chapter15  挿入の諸形式

 

 

使用教材について 

英文解釈教室 改訂版

英文解釈教室 改訂版

 

 

 

 

 

今日は寒い一日だったよ

今日は、久々に何にもない日曜日でした( ´ ▽ ` )

 

でも、風も強くて寒い一日でした。日本全国そんな感じだったのかな。

 

ここのところ日曜日に仕事が入ることが多く、なかなかゆっくりできなかったけど、今日はひさびさ9時過ぎまでベッドでゴロゴロしてました。

 

こういう日ってたまにあるからきっと幸せって思うんでしょうね。毎日こうだったら、ある意味少し焦るかも・・・

 

そう言えば、今朝は、母親からの「NHKでいい番組やってるからすぐ観てごらん。」 という電話で起こされたっけ。なんだろうとテレビを点けてみたら、日曜朝の定例の「日曜討論」という番組をやってました。テーマは、最近世間を賑わしている人工知能=AI。9時から10時まで結局最後までなんとなく見てました。

 

 

「活用広がるAI 社会はどう変わるのか」

AI=人工知能の技術が急速に発展し、自動運転やロボットなどさまざまな分野で活用が広がっています。AIは私達の暮らしや社会をどう変えるか?6人の専門家が討論します

 

 

www4.nhk.or.jp

 

 

 

遅めの朝食を食べて、洗濯、掃除、という休日の午前中のルーティンワークを済ませた後は、週に一度の買い出しのため奥さんといつものスーパーへ。

 

日曜日の午前中は 基本混んでます。

 

朝市や卵の10個入りパックが安いやらで、色々特典があるせいもあって駐車場はだいたいいつも満車に近く、空いているスペースを見つけるのに手間取る時もよくあります。

 

 毎週買うのはだいたいいつも決まっていて、牛乳、コーヒー、納豆、シリアル、パン、卵。あと、肉とか魚とか。野菜は、家のすぐそばの直売所で買う方が多いのでスーパーではあまり買いません。

 

 

ひと通り選んだら、最後は毎日1本、多くて2本飲むビール(発泡酒?)売り場へ。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180204192141j:plain

 

 

いつもだいたいお馴染みの銘柄ですが、時には何か新商品が出てないかなとか、品定めすることもあります。今日は、何と無くブラックビールが飲みたい気分だったので探してみるとこれがありました。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180204183615j:plain

 

キリン一番搾り<黒生>

キリン一番搾り〈黒生〉 350ml×24本

 

まず、泡の部分をそっと口に入れて味ってみましたが、なかなかの味でした。

にわか仕込みの知識ですが、市場に出回っている黒ビールはキリンとアサヒがあるようです。でも、製造方法に違いがあるようで、キリンの黒ビールは<スタウト>と表現されるようです。

 

黒ビールの定義は、原料によるもの、製造方法によるものなど、細かな決まりがあるようですが、正直あんまり興味はありません。要は、飲んで美味しいかどうか。

 

そういう意味では、このキリン一番搾り<黒生>、私は好きな味でした。

 

 

 

 

 買い物の後、お茶することにして近くのミスドへ。休日でなかなか混んでましたが、なんとか窓際の席に座ることができました。

 

いつもは、シュガーレイズドやシナモンみたいなシンプルなドーナツが好きなんですが、今日は奥さんがなんだか新商品をセレクト。

 

なんだか分かりますか?

 

クロワッサンドーナツショコラ トーステッドココナツ<税込¥194>

税込194円は通常のラインナップに比べると高めの設定です。ミスタードーナツの公式ホームページには、

 

ビターキャラメルクリームをサンドしたクロワッサンドーナツショコラ生地に、食感のアクセントでココナツをトッピングして焼き上げました。サクサク食感にとことんこだわった一品です。

 

 

という商品説明が出ています。

 

ともかく、ミスドコーヒーと一緒に頼んで早速食べてみました。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180204183533j:image

 

クロワッサンドーナツショコラ という生地がベースになってますが、これはサクサクしていてなかなか期待通りの味わいです。次に、ビターキャラメルクリームをサンドしたということですが、キャラメルの味はビターっぽくはなくもっと苦味があったほうがいいかなと思いました。あと、サンドクリームがどうしてもマーガリンのような食感がしてしまい、マーガリンが好きではない私としては少々減点対象。トーストしたココナツは風味があって良いと思います。(でも、ココナツが食べられない人も結構いますから、そういった方はこの商品はダメですね。)

 

このドーナツも含めて、いくつかの新商品はミスドが有名なシェフとタイアップして開発した商品らしいです。機会があったら全てのラインアップを試してみたいですね。

 

misdo meets Toshi Yoroizuka Chocolate Collection|新商品|ミスタードーナツ

 

 

 

夕方、ルームランナーで運動

 

 

 2週間前にインフルエンザに罹って2キロ減った体重も、いつの間にかいつもの数値へ。やっぱり、病気で食べれなくて痩せるってのはダメで、正しいダイエットと適度なエクササイズをするしかないですね。

 

というわけで、インフルエンザ前から少しづつ習慣づけようとはじめていた軽いジョギングをすることに。

 

そうは言っても、今日は寒い日でうっすら雨も降っていたので外に出かけるのはやめて、いつものようにルームランナーで運動することにしました。

 

ルームランナーは、時間や天気に左右されることもなく、好きな時に運動できるのでおすすめですが、稼働中に音が出るのが少々気になります。なので、アパートやマンションなど階下の住人に気を使わなければならないようなケースの場合はよく考えた方がいいと思いますが、完全に自宅なのであれば何も問題ないでしょう。

 

私は、4〜5年前にアマゾンで、

 

ヤマトヒューマン(YAMATO-HUMAN) ハンドル付プログラム電動ウォーカー ブラック YMT-700BK

 

というやつを買って、現在もこれを使っています。

 

最初のうちは毎日乗ってましたが、忙しさを理由にだんだんやったりやらなかったりになって、時には何ヶ月も運動しないなんて時も。。。

 

まあ、そういうこともあり、今年こそは定期的なエクササイズをしようと年初からそれなりに張り切ってましたが、インフルエンザで一旦トーンダウン。

 

でもようやく治ったので、時間がある時はできるだけ外で走ったり、ルームランナーで運動しようと思います。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180204183541j:image

 

今日は、40分間歩いたり走ったりして、距離的には3キロメートル、消費したカロリーは213キロカロリーでした。まあ、ご飯一杯分って感じですかね。この位の運動を毎日か、少なくても週3〜4日できれば体も脂肪燃焼型に変わってくれないかなーと期待しています。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180204183547j:image

 

で、現在の体重は66.1キログラム。身長が165センチなので標準体重は多分60キロくらいだと思います。でも、あと6キロも痩せる自信がないので、せめて63キロまではしぼりたいなということで、今年の目標にしているところです。

 

 

運動はたいていノリのいい音楽や好きな曲を聴きながらするようにしてますが、ここ数日はPhil Collinsを聴いています。

 


Phil Collins | Finally... The First Farewell Tour

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。 

 

 

 

 

 

ひさしぶりに「英語達人列伝」(斎藤兆史著)を読みかえしてみた

 斎藤兆史(さいとう・よしふみ)という方が書いた「英語達人列伝」という本をひさびさに本棚からひっぱり出して読み返してみました。

 

英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語 (中公新書)

英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語 (中公新書)

 

 

有名な、5,000円札の顔にもなった「武士道」の著者新渡戸稲造氏をはじめ、この本には10名の英語の達人のことが書かれています。

 

学生時代、数学や理科など理数系があまり得意でない、というか好きではなかった私ですが、英語だけは、中学時代からその魅力にハマり、中年になる今まで飽きずにずっと続けていて、私にとってはキチョーな 存在です。

 

きっかけは単純で、映画を字幕なしで観れるようになりたい、外国人と英語で議論や意見交換をしたい、ニュースやラジオの英語が聴けるようになりたい、英語で仕事がしたい、といった願望を叶えたいと思ったから。

 

なぜ、そこまで英語が好きになったかというと、それは、やはり映画「カサブランカ」の影響って答えてます。知ってますか? ハンフリー・ボガードイングリッド・バーグマンが出ていてフランス領モロッコカサブランカが舞台のラブロマンスです。

 

映画の中に出てくる歌  As time goes by  があまりに有名ですね。

 

でも、私の場合、この映画の中のハンフリー・ボガードのセリフが大好きで、その英語の格好よさに惚れてしまって、それ以来そんな風に英語が喋れるようなりたいとずっと思ってきました。

 


Dooley Wilson 映画「カサブランカ」 As Time Goes By

 

 

高校を出てからはほとんど独学で英語を学んできましたが、世に英語の達人と呼ばれる人々、中でも通訳の世界の人たちには本当に強い影響を受けました。

 

村松増美、小松達也、國弘正雄、西山千

 

といった方々で、皆日本の有名な同時通訳者です。

 

でも、今回の本に出てくる“達人”はみんなもっと古い時代の人々であり、それぞれの分野で日本を代表する国際人と偉人と言えます。

 

この英語達人列伝という本は、このような偉人について書かれた本であると同時に、そういった人々がいかにして英語の達人となったのかを紐解く貴重な読み物として、私にとっては価値ある一冊となってます。

 

 

第1章は、新渡戸稲造博士のことが書かれていますが、そこに出てくるフレーズの中から私が特に興味を惹かれた箇所を紹介します。

 

 

英語圏で生活すれば英語は「ペラペラ」になるという幻想

 

よく、アメリカやイギリスなどの英語圏の国で数年間生活したら自然と英語がペラペラになる、という言われ方をします。完全に嘘とは思いませんが、問題はペラペラの中身の問題だと思います。自分が身に付けたい英語がどういったものなのかが一番大事だと思います。

 

 

 

日本にいながらにして英米人も舌を巻くほどの英語力を身につけ、、、

 

日本にいては英語がうまくなれっこないない、やはり英語圏の国に留学しなくてはダメ、 というのもよく聞くフレーズですが、果たしてそうか。聞き取る能力、英米人に通じる発音、など、英語力の中には重要な要素がいくつかあると思いますし、それらを総合的に身につけるには、オーソドックスでありながら、かつ自分にあったやり方を見つける必要がありそうです。

 

 

 

 

英語名人世代は外国人教師が高等教育の主要な担い手であった特殊な時代に育った人間たちである。

 

私も経験ありますが、英語を教えてくれるネイティブの存在はとても大きいと思います。外国に行く必要はないと思いますが、日本にいて英語の素養を身につけるためには、優秀な外国人教師の存在は不可欠なのかもしれません。

 

 

 

睡魔に襲われたときには井戸端で水を浴びてまで勉強をしたその超人的努力こそが英語達人を作り上げた

 

 若干、根性もの的ですが、それくらい真剣に英語に向き合うという点や、寝食を忘れるくらい英語に熱中する、といったひたむきさは絶対的に必要だとは思います。

 

 

 

日本の思想を外国に伝え、外国の思想を日本に普及する媒酌になりたいのです

 

 なんのために英語を勉強するのかということを自分の中にしっかり持つことがいかに大切かを教えてくれる部分だと思います。こういった動機付けがあるかないかで、英語が上達するかどうかが決まるとも言えると思います。

 

 

とういう訳で、今日は、斎藤兆史著「英語達人列伝」の、第1章「新渡戸稲造」をヒントに書いてみました。

 

 

Bushido, the Soul of Japan (English Edition)

Bushido, the Soul of Japan (English Edition)

 

 

 

数ヶ月ぶりの視野検査

今日は視野検査に来てます。

 

人間ドックで、眼圧高めだから眼科できちんと検査をしてもらった方がいいというアドバイスをもらったので、2年ほど前から定期的に眼科を受診中。3ヶ月から4ヶ月に一度のペースで検診を受けるのが定例になりました。そのうち視野検査は大体半年に一回くらい受ける感じです。

 

目は年齢とともに老化するので視力低下やかすみ目など避けて通れないところもありますが、怖いのは白内障緑内障といった病気。特に、緑内障は、日本眼科学会という団体のホームページによると、

 

緑内障は、厚生労働省研究班の調査によると、我が国における失明原因の第1位を占めており、日本の社会において大きな問題として考えられています。しかも最近、日本緑内障学会で行った大規模な調査(多治見スタディ)によると、40歳以上の日本人における緑内障有病率は、5.0%であることが分かりました。つまり40歳以上の日本人には、20人に1人の割合で緑内障の患者さんがいるということになります。また緑内障の有病率は、年齢とともに増加していくことが知られており、日本の少子高齢化に伴って、今後ますます患者さんの数は増えていくことが予想されます。(日本眼科学会HPより抜粋)

 

40歳以上の日本人の20人に1人の割合で緑内障の患者がいるというのは、結構驚きですよね。同級生、同窓生の中には緑内障患者が必ずいる計算になります。で、緑内障の何が怖いかというと、最悪の場合失明することも有り得るということです。

 

病気になるのは嫌なものですが、一生目が見えなくなると思うとやはり落ち込んでしまいますよね。そうならないためにもある程度の年齢になり、目に少しでも異常があるような場合は、本当に早めに眼科を受診する方がいいと思います。

 

私の場合、父親が40代の頃から目を悪くしてて、それでも初めのうちはたかをくくって病院に行かずにいたら結局緑内障になってしまい、80歳を超えた現在は目が見えなくなるまでには至っていませんが、視力は極端に悪く、新聞や本などの活字を読むことや車の運転などは困難な状態になってしまいました。医者からは、寿命が尽きるのが先か、目が見えなくなるのが先かわからないですよ、と言われています。

 

なので、

 

  • 眼圧が高い
  • 視野が欠ける
  • 視神経が正常ではない

 

 

上の3つのうち、どれか一つでも心当たりがある場合は早めに眼科を受診した方がいいと思いますし、3つの全てに当てはまるようだと真面目に緑内障を疑った方がいいらしいので、そうならないように定期的に検査をして適切な治療をすることをおすすめします。

 

私の場合、眼圧は大体いつも適正な数値より高めです。でも、それだけですぐに緑内障になるわけではないらしく、そのために定期的に視野検査や視神経の状態を観てもらっています。今の所は点眼薬も必要ない状況です。

 

ところで、視野検査はやったことがない人だと最初は少し戸惑います。暗室のような部屋の中の専用の機器で検査するんですが、眼帯をして一方の目を見えなくして片方の目だけで目の前に点滅するかすかな明かりが見えたらスイッチを押して合図するというやり方です。

 

最初のうちは、眼帯をしている方の目をつぶって片目だけで見てました。でも、それだと元々片目で一点を凝視するということに慣れていないせいか、目がしょぼしょぼしだしてだんだん開けているのが辛くなってしまうんです。で、それに気を取られていると肝心のかすかな明かりを見つけられなさそうになって結構焦ります。

 

そこで、眼帯で隠している方の目も普通に開けてあくまで両目を開けてやる方がいいことになるんですが、今度は少しでも多く点滅に反応してスイッチを押さなきゃと思ってしまい、真ん中の点だけを見つめた状態で検査しなきゃいけないのに、目をキョロキョロ動かして点滅している明かりを見つけようとしてしまったりします。

 

今日の私がまさにそんな感じで、検査後の先生の診察の時に、今度からはきちんと真ん中の点を見つめた状態で検査しましょうねーと軽く注意されました。視野的に問題はなかったんですが、少々カンニング??しましたね、って感じです。

 

次はまた4ヶ月後に検査を受けます。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180201210244j:image