人生って、いろいろ

息子に向けた日記です。成長した時読んでくれることを願って。

英文解釈教室ノート

<前置き>

このカテゴリーは、私の英文解釈勉強ノートで、使用しているテキストは「英文解釈教室【改訂版】」(駿台予備学校講師 伊藤和夫著)です。文中に出てくる英文や説明は、前述のテキストからの抜粋であったり、自作の英文やメモなどです。

 

この学習を通じて身に付けたいと考えているのは、構文がしっかりとした英文ですし、またそのような英文を書けるようになるということは、そういう英語がしゃべれるようになることを意味しているわけで、私にとっては読む力(インプット)と同時に、話す力(アウトプット)の学習に他なりません。

 

昔からの癖で、教則本を頭から真面目に読み進めると、時に興味のない時やマンネリ化に襲われることもあるので、基本、勉強するタイミングも取り上げるテーマも不定期です。それもあって、この投稿には目次を施すことにしました。もし、興味のある読者がいらしたら、目次を参考にしていただけたらと思います。

 

あっ、そうそう。諸般の事情で時には何日間も更新されないときもあると思います。先にお断りしておきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

Chapter1  主語と動詞

 

Chapter2  目的補語

 

Chapter3  that節

 

Chapter4  what節 

 

Chapter5  倒置形

 

Chapter6  同格構文

 

Chapter7  It ... that ...

 

Chapter8  意味上の主語

 

Chapter9  関係詞

①主格の関係詞

9.1.1

I know no statesman in the world who with greater right than I can say that he is the representative of his people.

青字は先行詞、赤字は主格とそれを受ける動詞。下線は覚えたい表現

 

9.1.2

The modern American schools provide the young of all classes with the common background that in an old, rural society is provided by tradition, by the daily life in each community.

 

9.1.3

People regard the multiplication table as characteristics of all education -- something which once learned stays with you through life.

 

the multiplication table  掛け算九九表

 

9.1.4

Quite a number of my best friends are people who, when I knew them only by sight or repute, filled me with positive loathing.

Chapter10  修飾語の位置⑴

 

Chapter11  修飾語の位置⑵

 

Chapter12  比較の一般動詞

 

Chapter13  比較の特殊問題

 

Chapter14  共通関係

 

Chapter15  挿入の諸形式

 

 

使用教材について 

英文解釈教室 改訂版

英文解釈教室 改訂版