人生って、いろいろ

息子に向けた日記です。成長した時読んでくれることを願って。

小雨がパラつく中、愛車 Peugeot308SWでドライブ

 

あれから、愛車プジョー308SWの調子はまずまずです。

 

エンジンがトラブって一時はどうなることかとマジで心配しましたが、最近は警告ランプが点くこともなく快調です。

 

やっぱり、こういったしっかりしたエンジンはきちんと回転与えてやって、適度に乗りこなしてないとダメなんだな〜と実感したところです。

 

そういったこともあって、今日はあいた時間が少し取れたので午後のひとときをドライブで過ごすことに。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180309215914j:plain

 

さあ、出発〜。

ほんとにこのコックピットというか、運転席のハンドル周りのデザインが大好きです。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180309215941j:plain

 

ステアリングの中央部についてるプジョーのエンブレムもお気に入り。

 

でも、モニターの色がオレンジ一色なのが少しやなところで、オレンジの色自体はそれほど嫌でもないけれど、それしかないのが残念。個人的な好みとしては、白色系の方がいいなと思っています。

 

色が変えられないのかな〜ってずっと思って見てるんですけど、どうも今の所色の変更ができないみたい。(変え方知ってる方いたらコメントで教えてください

 

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180309220007j:plain

 

ちょうど郊外で差し掛かったところでパラパラと小雨が降ってきた。

 

プジョーのワイパーは1レベルだけ上にスライドさせるとオートマチックでのワイパー作動になります。雨が降っていると作動し、雨が感知されないと動かないまま。きっと、今時の車はみんなこんな感じなんでしょうね。

 

それにしても、直線でアクセルをグゥ〜〜と踏み込むと、ぐいぐいという感じで加速してくれます。なんだか、エンジンも喜んでいるなって、勝手に勘違いしながらの快適なドライブでした。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180309222401j:plain

 

自宅のある市街地に戻ってきた頃にはすっかり雨も上がり、夕日に紅く染まった水面と停泊している船がとても心地よい風景でした。また、出かけたいと思います。

 

(了)

算数は2年生の学習の復習が必要です

小3の息子の学力テストの結果が意外に悪くて、親の「干渉」と「介入」が始まって10日ほど経ちました。

 

あれ以来、平日のゲームやスマホいじりは一切禁止し、今は算数と国語に集中して苦手な単元の復習をプリント中心で行ってます。

 

ちなみに、いまどきの小学校3年生の算数は、

 

 

といった感じです。

 

3月に入って3学期ももうやがて終了するので上に記した単元のほとんどの学習は済んでいるんだと思います。ですから、この間の学力テストは上の各単元がきちんと理解できているかをチェックするために行われたということになります。

 

見ていると、うちの息子の場合、2年生の時に習った掛け算99の習得が完璧じゃないので、筆算などする際に間違いをしてしまっています。または、繰り上がりの数字を足すのを忘れたりすることもあるようで、これは完全に集中力がかけているのが原因だと言えます。

 

他にも、分数、三角形や四角形など、2年生の時に習った基本を中途半端に理解しているので、3年生になって問題がより高度になると答えに詰まってしまっています。

 

今朝も、直角三角形、二等辺三角形、正三角形が意味する形やちょう点の角度などを聞いてみたら、案の定答えられない。

 

ショック!

 

でしたが、まさかそんなことはないだろうと息子の理解力を妄信してフォローアップをさせていなかった自分にも腹がたって、2年からこれまでの単元の理解度を家でもう一度チェックして、わからない箇所はしっかり、4年に上がる前までに、理解するようにしておかないとあいつ教室で置いてけぼりになるな、と危機感を持ったところです。

 

(了)

小3の息子の学力のこと。。。

今日は小3の息子の学力のはなし。

 

小3と言ってももう3学期も残りわずかなので来月(4月)からは4年に進級です。

 

1年の終わりに全国レベルでやってる学力テストー算数、国語、理科、社会ーの結果を、この前の学校での面談の時に担任から返してもらいました。

 

自分の子の成績って小学校の低学年くらいではあまり気にしていなかったのと、テストやプリントの様子を見る限り、まあ普通にできてるんだろうなと思ってました。現に、3年の夏休みくらいまでは、真ん中より上の方にいたのではないかと。。。

 

ところが今回見せてもらった結果は、親としては結構びっくりしたほど悪い成績で、100点満点で国語47点、社会30点、算数56点、理科55点というもの。

f:id:guestroomarunishigaki:20180301080906j:plain

 

 

社会の30点(ちなみに全国平均が64点)は特におどろきましたが、聞くと時間が足りずに半分くらい回答できずに終わったらしい。

 

<あいつ、テストのあった日、そんな風なこと全然言ってなかったしな〜〜>

 

国語が50点以下というのもいただけない。結局、文をきちんと読んできちんと理解してからでないと問題は解けないわけで、早とちりが得意で、イマイチ集中力に欠ける彼はその辺が苦手なのは、わかる。

 

算数、理科のいう将来の理数系科目は文系科目よりは点数が高かったけど、それでもまだそんなに難しいことを勉強しているわけではないのだから、この点数は引きすぎ〜。

 

そもそも小3程度であれば、学校でしっかり勉強して、家で30分ほどの反復練習をすればどうってことないはずですからね。

 

成績が落ちた原因は家での勉強をやっていなかったから。私も宿題さえやっていれば何も言わなかったし。でも直接の原因は、完全にゲームやスマホのしすぎです。意外と自由に触らせてましたから、うちの場合。

 

仕事の忙しさ、出来てると言う息子の言葉を鵜呑みにしすぎ、勉強はある程度できているから大丈夫だろうという思い込み、などがみんな合わさって、この半年ほど家庭学習に付き合っていなかった自分にも責任あったな〜と反省。

 

と言うわけで、やがて4年生という小学校高学年に進んでいく息子の学力向上に取り組むことにしました。

 


 

学力向上のメニュー

しばらくの間、ゲームやスマホの使用を禁止

今の成績では、大好きなPS4やマインクラフトもしばらくはやらせてあげるわけには行きません。1週間は完全に禁止して、それ以降は平日はダメで、週末は時間を決めてやらせてあげようと思います。

f:id:guestroomarunishigaki:20180301081031j:plain

大好きなPS4もしばらくはおあずけ。


 

 

算数の計算問題の反復練習

3年生の今頃は、

  • 繰り上がりなしの小数の足し算、引き算
  • あまりのある割り算
  • 3けたと2けたのかけ算の筆算

なんかをやってます。

バスケのドリブルと一緒で、上達には反復しかありません。

 

こんな感じですね。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180301081228j:plain

f:id:guestroomarunishigaki:20180301081252j:plain

 

 

これまでに習った漢字の復習

息子の学校では1年生から漢検を受けさせられるので、漢検用の問題集やステップなどを使っての勉強が多いです。それを実際に書いて、解きながらしっかり復習させます。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180301081401j:plain

 

 

文章問題

算数だって、国語だって、結局文章の問題をみて解かなくちゃいけないので、文章問題が苦手だといい成績にはつながりません。計算式なら簡単なのに、文章で書かれると難しいと感じてしまうのはなんでですかね。自分もかつてそうでしたけど。

f:id:guestroomarunishigaki:20180301081430j:plain

 

 

 

 

学力テストは1学年に1回なので、来年の学力テストで良い成績がとれるよう、これから息子をサポートしていきたいと思います。

 

(了)

 

 

地元の特産品を盛り上げるイベント当日

今日は、仕事として担当しているイベント当日

 

私の住むまちには、農産物、水産物、畜産物、林産物などの一次産業から生まれる品々が多くあります。

 

味がよく品質も優れたものも少なくないけど一つ一つの量が少ないのが悩みの一つでもある。

 

生産のための生産じゃなく、生産したものが高く売れて生産者が稼いで生活ができるようになることが最終的な目的。

 

もちろんまちとしては、優れた生産品を広めて、ブランド化していくことで地域としても有名になっていくメリットがある。有名になればそれを見たさ、食べたさで他所から人が訪れてくれるし、お金も落としてくれる。

 

東京みたいにほっといても人が集まってくる大都会と比べて、地方の都市はどこもそんな風に考えていると思いますよ。

 

日本は縦にほそながく、気候も様々だから各都道府県ごとにいろんなご当地ものがあってそれぞれが自分たちの品物の良さをアピールして競ってます。

 

日本のいろんな地域に行くとその場所ならではの美味しいものに出会える。そういうバリエーションに富んだ地域の食材の存在がこの国の魅力の一つなんだと思います。

 

ここ十日ほどはこのイベントの準備になんだか追われて、日記を書いたり写真の整理などもできずもんもんとしてましたが、無事に終わればまた少し余裕ができることを期待して。

 

というわけで、今日は私の住むまちの特産のPRを大いにしてこようと思います。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180225064606j:plain

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180225064632j:plain

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180225064655j:plain

 

 

(了)

久しぶりに、愛車 Peugeot308SWでドライブ

ここのところエンジンの調子が悪かった愛車・Peugeot308SWですが、普通に乗れるようになって1週間ほど経ちました。警告灯が点灯し、エンジンはブルブル震える感じで今にも止まりそうな感じ。フードの中からは大きな風のような音が鳴り出してエンジンを切っても1分間ほどは音が治らない。これが、私の愛車の症状でした。

 

買ってからもう1年間経ちましたが、中古とは言え半年くらいはなんの問題もなく快調に飛ばせてましたよ。エンジンがこんな風に時折調子悪くなった原因はメカニックじゃないし、地元にはプジョーディーラーもなくきちんとしたメンテナンスを受けれる環境がないのでわかりません。が、2つ心当たりがあるにはあります。

 

 

大雨で冠水した道路を横断したときマフラーに水が侵入

これは何ヶ月か前の出来事ですが、車がお釈迦になったかと本気で落ち込みましたね。大雨が降り続き道路に冠水箇所があるだろうと想像できたけど、朝で子供学校まで送らなければならずいつも通り運転して道路に出ました。

 

行きは良かったものの、帰りは坂道を下って高いところから海の近くの自宅までの道。案の定最寄りの大きな道路はかなり水が溜まっている状態でした。前を走る車のタイヤの半分くらいはすでに水が溜まっているようの状態でした。

 

水が行く手を塞いでいるのでなるべくそろりそろり、ゆっくりと進んだ方がいいと思ったのがまず最初の間違いでした。アクセルを緩めてゆっくり進むと排気ガスの勢いが弱いので水がますますマフラー内に侵入しやすくなるんですって。ある程度勢いよくエンジンふかしながら進む方がその場しのぎになるみたい。

 

私の慎重さが逆効果で結局幾らか水が入り込んだらしく、エンジンが今にも止まってしまいそうな中やっとで家まで帰ってきましたが、それ以来、エンジン警告灯が点いたまま消えない状態が数日間続きました。

 

ただ、その際はエンジン音は別に普通でしたし、警告灯が消えないのはコンピューターのせいかもしれないと思って調べてみると、しばらくすると消えることもあるらしかったので様子を見てましたが、3日ぐらいしたらやはり警告灯はいつの間にか消灯してくれました。良かった〜〜ってすごく安心しましたね、その時は。

 

 

洗車中、破れたホースから水が吹き出しエンジンルームに下部から水が侵入

この車にしてから基本洗車は自分でやってます。洗剤で洗い始める前とか洗い終わって水で流すときなどは長いホースを横や後部に引っ張っていって水をかけますよね。私もそんな風にしてたんですが、ホースが劣化して一部裂け目がありそこから水が吹き出すところが2箇所あって、気がついたらその避けた部分がちょうどエンジンルームの真下に入り込んでたようで、エンジンルームに水が入ったんじゃないかと思います。

 

どの程度の水がどこまで侵入したのかは、その時にチェックしたわけではないのでわかりません。でも、もしかしたら、水をあまりかけてはいけない電気系統やプラグなどに水がかかった可能性は否定できないわけです。

 

特にプラグの失火はエンジンの異常に直結すると色々なところに書いてあるし、一度車を取りに来てくれた地元の工場の方もプラグの失火を疑ってたのでこれは結構濃厚だな〜って思ってます。

 

まあ、前にも書いた通り、エンジンを付けっぱなしにして置いておくことによって警告灯も消え、エンジン音も正常に戻ったということで現在乗り始めてますが、またいつ同じような症状が出てくるかどうかわからないなと心配してはいます。

 

 

ドライブで遠出してエンジンをしっかり回す機会もなかったので、そんなに長い時間ではありませんが、車をいつもよりは高速で走らせながら夜のドライブを楽しんできました。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180216202441j:plain

 写真は無茶ピンボケしてますが、今の所エンジンの音もかかりも悪くなく、アクセルを踏んだ時の加速も申し分ない感じでした。回転数をそんなに上げたわけではありませんが、1,500回転でクルージングし、登り道や加速時は2,000回転くらいまで上がってました。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180216202513j:plain

 

対向車がほとんど来ないドライブは快適で楽しかったです。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180216204153j:plain

 

フォルムがすごく気に入ってますし、10年は乗り続ける気持ちで買った車なので大事にしたいと思います。

 

(了)

 


Peugeot CM

ホテルパック@相鉄フレッサイン六本木

東京・六本木の交差点近くに「相鉄フレッサイン六本木」というホテルがあります。できてまだ間もないホテルです。すぐ隣には、「ザ・ビー六本木」という別のホテルが建っています。

 

東京に仕事で来るような時航空券とホテル宿泊がセットになったホテルパックという商品を利用してます。これもANA系、JAL系がありますが、セットされるホテルは系列の違いなどから微妙に異なります。

 

例えば、私が住んでいる場所から東京への2泊3日の旅行をする場合、まあ時期にもよりますが、エアーと宿泊を別に買うとエアー往復(6万円〜9万円)+ホテル2泊(3万円)=9万円〜12万円位だと思いますが、ホテルパックだと6万4千円〜7万3千円位で利用できます。3〜5万の差はとても大きい。

 

ホテルパックが利用しづらいところがあるとすれば、

 

  • 10日前までの予約が必要
  • 航空券の予約の変更や振替ができない

 

ということだと思います。

この点さえクリアできるなら断然パックにしたほうがお得です。

 

 

そういうわけで最近は数回ホテルパックで相鉄フレッサイン六本木を利用しています。

以下、このホテルがいいなあと思うところをご紹介します。

 

立地が良い

六本木駅の交差点側の出口から地上へ出て交差点を渡って東京ミッドタウン方面へ進むと約100メートル位行ったところにあります。六本木ではまだこのホテルにしか泊まったことがありませんが、この近さは結構便利だと思います。

 

 

 

美味しい朝ごはん

 このホテルパックは朝食付きなのでお得です。確か朝7時位から9時半ラストの10時くらいまで利用できたと思います。よほど早朝出発でない限りしっかり朝ごはんを摂ることができますよ。

 

写真はこの間利用した時のものですが、気分的に和食だったので、ひじき、切り干し大根、きんぴら、納豆、などを選びました。温泉卵も定番で置いてあります。洋風メニューもありますが、私はフレンチトーストが好きです。(写真はありませんが。)

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180214192950j:plain

 

 

お風呂が心地いい

お風呂とトイレはユニットなのですが、比較的広くて窮屈感はないです。もちろんウォシュレットなのでお尻にも優しいw。何より一番気に入っているのは、

 

お湯の出がすごくいい。

湯船が広くて溜めて入るのが楽しい

フロントでいろんな入浴剤などがもらえる

 

といったところでしょうか。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212083540j:image 

 

 

 

パジャマが心地いい

ホテルでパジャマ着ますか?

私は好きなタイプのパジャマなら着ます。

写真にあるような上下が別で特に下がパンツタイプなのが好きです。

和風旅館のように浴衣だと、腰から下がはだけやすいので、スースーしてどうも落ち着いて寝られません。その点、パンツタイプは落ち着きます。

このパジャマは肌触りも気持ち良くって私は好きです。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212083529j:image

 

 

 

ベッドが硬めで寝やすい

ホテル選びでは結構重要なポイントだと思いますが、私は腰が痛くなりやすいタイプなのでふわふわ柔らかいベッドが苦手です。その点、このホテルのベッドの硬さは私にはまさにちょうどいい硬さで、毎回安眠できます。

 

それと、見逃せないのが、ベッドの広さです。

ここのホテルではホテルパックで提供される部屋のベッドはダブルベッドとなっていて、1人で利用する場合でも広々していてとても居心地がいいですよ。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212083536j:image

 

 

おまけ

だいたいお伝えしたかったのはそのくらいですが、おまけでスマホの充電アダプターをご紹介します。写真の通り、どのキャリアの端末にも合うタイプのアダプターがベッドサイドに置かれているので、うっかり自分のを忘れた場合でも安心です。小さなことといえばそうですが、ないと困るので重宝することは間違いありません。 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212104240j:plain

 

 

以上、今回は、ホテルパック@相鉄フレッサイン六本木でした。

 

(了)

飛行機の旅は安全が一番

東京での仕事を終わらせこれからまた飛行機を使って戻るところです。出発が10:30AMなので10時ごろには余裕を持って羽田に到着し、チェックインもSkipなので、手荷物検査を受けて早速搭乗口に向かいます。

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212113331j:image

 搭乗口のあるゲートに行ってみるとカウンターに人が集まっていて、地上係員の女性たちもなんだかか対応に追われてる様子です。電光掲示板には delay  「遅延」の文字が。アナウンスが始まったので注意して聞いてみると、

 

「お客様を機内へご案内する時刻ですが、ただいま機材の点検中ですので、もうしばらくお待ちください。新しい出発時刻は10時40分ごろを予定しています。」

 

最近、遅延が多いなぁと思いながらも10分ならその後の乗り継ぎには影響はなさそうだし少し安心しながら待ってましたけど、それでもなかなか機内への案内が始まらない。そのうちに次のアナウンスが流れ始めます。

 

 

「お客様がお乗りになる機材を別の機材に変更することが決まりました。」

 

えっ、そんなにどこか調子悪いの?

 

 

「機内の準備をするのにかなり時間を要する予定です。」

 

まじかぁ〜、あとどれ位かかるのかな。乗り継ぎ間に合うかな。

 

 

「新しい出発時刻は正午ごろを予定しています。あらためてのご案内までお待ちください。」

 

これにはさすがに周辺の乗客も、えっ〜〜という声をあげていました。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212113337j:image

 

最初の遅延で数十分待たされた上に、さらに正午まで遅れますという通告。詳しいは理由はわからず、機材を変更するというアナウンスだけです。飛行機はちょくちょく利用してますが、搭乗予定の機材変更はあまり経験がありません。

 

周りを伺うと、待ってる乗客は多少ざわついてはいますが混乱もなく、特別乗務員に文句を言う人もなく、この境遇をおとなしく受け入れている感じでした。

 

あたり前といえばそうだけど、こういう行動ってどういう理屈なんだろう。何か予期しないこと、特にどちらかと言えばネガティブなことが起きた時でも冷静に、混乱を起こさずにおおぜいの人間が居られるのってなぜだろう、って結構そんなこと考えちゃいました。

 

そういえば、人間は本当のピンチに直面した時こそ、連帯し助け合い行動することができる動物なんだとどこかで読んだことがあります。

 

想像ですが、

 

日本の場合、電車や飛行機などの公共交通機関に関しては大きな事故やトラブルはあまり聞いたことがない。それを反映してかオペレーターに対する基本的な国民の信頼感というのが土台にはある。なので、会社がクレームを覚悟で予定を大きく変更せざるを得ない。それをアナウンスせざるを得ないとなると、よほどの理由があるはずだし、それは乗客の安全を確保するための判断なんだと。

 

大なり小なり、みんながそんな風に考えているからこそでしょうか。くどくど理由など聞かなくても、説明を受けなくても、自然にそんな行動が取れるのって不思議といえば不思議ですよね。どこで、誰から、そんな風に行動すべきだって教えられたんでしょうか。私たち日本人って。日本人の美徳とか礼儀や礼節、或いは国民性では説明できない深い何かがあるような気がしてなりませんでした。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212191934j:plain

機材変更に伴って搭乗口も変更になるというアナウンスにしたがい、乗客たちは黙々と移動を開始しました。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212113442j:image

 新しい搭乗口では移動してきた乗客が何事もなかったように居場所を見つけると、「お昼ご飯食べちゃおうか?」なんて会話が聞こえていました。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212113506j:image

そういう私も、羽田空港限定商品でしょうか、あまりほかでみない商品を見つけたのでお茶ボトルを買ってパソコンでいろいろと作業をすることにしました。遅れたことはアンラッキーだったけど、ゆっくり使える時間ができたのはラッキー。禍福は糾える縄の如しって習いましたもんね、昔。

 

 

f:id:guestroomarunishigaki:20180212113517j:image

 

一刻も早く目的地に着きたいではあるけど、やっぱり、飛行機の旅は安全が一番です。

 

(了)